ニュース&トピックス

5月の節句 鎧兜を飾りました

2017/04/25

5月5日は端午の節句ですね。

昔、武将にとって鎧や兜は自分の身を護るための大切な道具として使われてきました。
このことから「命を守る象徴」と考えられ、「男の子を事故や病気、災害などから守ってくれますように」という願いを込めて端午の節句に飾るようになったそうです。

北野保育園でも子どもたちのより一層の健康を願って今年も玄関正面に飾りました。


一覧に戻る
ページトップ